俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

記録的な速さでの梅雨明けは夏場の水不足が懸念されます。暑い日々が続きますのでご自愛ください。
読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。
今回ご応募いただいた句は、8月末まで掲載いたします。   (次回締切は 8月29日、次回掲載期間は9月と10月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ ひねくれて親近感を増す胡瓜

■ 籠り居や鉢の金魚の太り過ぎ

■ 家居にも倦みて金魚に八つ当たり

■ 冷ややかに次の検査の予定また

■ 銀漢の億光年といふ流れ

八王子 石井 蓉子

■ 雨あがりの桜桃忌の空をみる

■ 幼子の一歩の先に夏来る

■ 黒南風に窓を閉めつつ空を見る

■ 紫陽花に頑張ってるねと言はれけり

■ ひまわりの国ですそれはウクライナ
新宿区 壺守 景子

■ 十薬の匂ひに迫る犬の鼻

■ 紫陽花の色を写してにはたづみ

■ 潦(にわたずみ)に沈む花苔の墓前

■ 万緑を纏ひ汀子句碑すっく

■ 高層の片陰長く長くあり

町田 小森 まさひこ

■ 月見草開き初めたる時帰宅

■ 一輌の灯り映している青田

■ 夏霧を抜けて霧笛の鳴り止まず

■ 蝦夷残暑日傾までのものであり

■ 一つ咲き後は一気や花木槿

★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年   2020年
2021年   2022年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com