俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

騒ぐだけのハロウィンのニュースを見ながら首をかしげる今日この頃。秋もすっかり深まって空にはうろこ雲が広がっています。
読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。ご鑑賞ください。今回ご応募いただいた句は、12月末まで掲載いたします。
  (次回締切は 12月25日、次回掲載期間は1月と2月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ 刃となりて鷹蒼穹を急降下

■ 鷹匠の眼光に鷹従へる

■ 残菊といふには余りある光

■ 風音に空をひろげてゆく冬木

■ 冬ぬくしとどまれば寄る鯉の口


藤沢 藤田 富子

■ 帰り来てともさぬ部屋に月明かり

■ 夕映えに色うつりゆく秋の海

■ 被災地を思ふ明け暮れ水澄める

■ 秋簾いまだはづせぬ日差しかな

■ 秋の日の日毎に深く部屋を占め

八王子 石井 蓉子

■ 秋の日や洗濯物は日の匂ひ

■ 虫の音や吾一人居の部屋にあり

■ 朝露にコスモス揺れるゆったりと

■ 一日終へて晩秋の道の軽さかな

■ 秋晴や静かな静かな日曜日

町田 小森 まさひこ

■ 熟れ蜜柑海を目指して転がれり

■ 時雨るるや四天王寺は町の中

■ 石蕗の花今年も咲いて家人なく

■ 寒禽や群れる芝地は養生中

■ 木枯しに隅を抑えて署名せり














  

★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com